千葉の葬儀の種類

千葉県で行われる葬儀は大規模な斎場で行う葬儀の他に、直葬、一日葬、家族葬なども選択出来るようになっています。

費用面でも多数の来客をもてなす形式の葬儀では100万円以上の費用がかかりますが、家族葬や直葬では20から30万円ほどの費用で行う事が可能です。

以前は葬儀社と生前から付き合いを重ね、いざという時は任せる、そういった形式もありましたが、核家族化に伴い費用も拘るようになりました。

家格で葬儀の規模を考える場合もありますし、実際の費用は香典などとある程度相殺はされるものですが、香典の相場もこの額が普通、そういった考え方が通用しにくくなってきました。

その結果予算も立てにくく、実際の費用が多額になってしまう例もあるのです。

冠婚葬祭には一定額以上のお金が必要になる、そういった考え方も崩れてきたという事かもしれません。

千葉の最安値の直葬では火葬場へ直行の為各種費用が削られていますが、その分費用をかけたくない、シンプルに済ませたいニーズに合っています。

家族で代々お墓を守っていく、そんな意識も低下してきていますので、葬儀に対する意識の変化も大きいのです。

式場も小さな会場で行いたい人も多く今までの葬儀のイメージも変わってきています。

クリスタ五井などは駅から徒歩5分など立地条件が良い場所にある施設もあり、利用しやすいセレモニーホールもあります。

それぞれ会場は特徴を出していますし、大きな会場は様々な葬儀に合わせる事が出来るメリットもあります。

費用をかけたくない場合も大きな会場で行う事が両立するのです。

この記事は葬式の変化に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。